れすたぴは死んでしまった

ラビットハウスは年俸制

機械学習をする ~Google Colaboratory編~ その1「環境構築をするフリをする」

目標

Google Colaboratoryを開いてみる

Google Colaboratoryで超簡単なプログラムを書いてみる

 

結果

できた!

 

はじめに

こんにちは。

最近、どこへいっても機械学習だAIだという話を耳にします。

 あまりにもよく耳にするので

もしかして自分も機械学習とかできるんじゃね?

と勘違いしてしまいます。

とんだ勘違い野郎となった今、機械学習にチャレンジするほかありません。

思い立ったが吉日っていうじゃん。 

 

で。

 

まず、機械学習と聞くと何を思いつくか。

そうPython(ぱいそん)。

これはプログラミング言語です。

この言語はいろいろと機械学習と相性が良いのです。

ご参考:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1904/02/news024.html 

 

で、次に何を思いつくか。

そうAnaconda(あなこんだ)、Jupyter(じゅぴたー)とかいうやつです。

これらはたぶん開発環境とかライブラリ的なやつなのですが、よくわかりません。

 

路頭に迷ってググったところ「Google Colaboratory(ぐーぐるこらぼらとりー)」というGoogle社が提供するPythonの無料開発環境があることに気づきました。

ローカルでの環境構築が一切不要で、Web上でいきなり使えるみたいです。

これを逃す手は無いぞということで今回はこの「Google Colaboratory」を使用してみます。

 

やったこと

とりあえず下記にアクセスしてGoogleアカウントでサインインします。

colab.research.google.com

 

こーんな画面がトップページ。結構シンプルな感じ。

f:id:RESTAPI:20200211233430p:plain

 

ご丁寧にGoogleのお兄さんが使い方を説明してくれる動画もあります。

www.youtube.com

 

とりあえず、[ファイル]>[ノートブックを新規作成]すると広々とした白画面が出現。 

f:id:RESTAPI:20200211233114p:plain

ここにプログラムを記述します。

[+コード]でコードを、[+テキスト]でコメント的なのを追加する感じです。

再生ボタンみたいなのを押すと実行して結果を表示してくれます。 

コード単位(?)で実行できるので、お便利。

 

Pythonの記法がよく分からないのでとりあえずググって何かしら書いてみます。

で、実行。

f:id:RESTAPI:20200211233116p:plain

 

 

 

へえ…。

 

・・・・・・・・・・・

・・・・・

 

終わり!閉廷!

(Ctrl+Sでノートブックを保存して終了します)

 

次回へ続く。